ホーム > Life, Skill, Work > 2013年に一番成長したのは”発見力”だと思う。 / @yzw036 の 036゛

2013年に一番成長したのは”発見力”だと思う。 / @yzw036 の 036゛

7269493470_d74dfa99f0_b

Treasure Island Archive 14by adplayers

 

もうすぐ2013年も終わりますねー。

仕事を納めてからも、なんとなくアプリを見たり、レポートをつくったりと完全にOFFにはなかなかなれない自分ですが、自分としてはそれはそれで悪いことではないと思っている(休み過ぎると逆に毒になるw)ので、身体と頭の数%は仕事モードを忘れずに2014年を迎えようと思います。

 

さて、タイトルの件。2013年の総括は年末までにこのブログも踏まえて振り返ってみたいと思いますが、前回のブログでも触れたとおり、ソーシャランドの2013年は「成長」の1年でした。

じゃあ、この事業成長に伴って個人としては何が成長したんだろう?と考えたとき、最終営業日に「これだ!」と思い当るものに行きつきました。

それが“発見力”です。

 

“発見力”とは何か?

 

たとえば、何か問題が起こったときに、その問題の原因を発見する“問題発見力”

たとえば、今のやり方だとどうしても前に進めない時に他の方法を発見する“ソリューション発見力”

大きくはこの2つでしょうか。

 

新しいことをやっていると、色々なところで上記の2つのシーン「何か問題が起こる」「今のままでは前に進めない」に出くわしますw

そのときに「やべー!どうしよう・・・><」ではなく、「あ、あれをこうすれば・・・」だったり、「あれ、それに近いこと前にあったよね?」って自分の頭の中で“発見”できるようになりました。それが起因して、意思決定のスピードが上がったり、御客様への満足度も高めたりできたのではないかなーと思います。この“発見力”がソーシャランドの成長につながった一つの要素なのではないかと。

 

そんな僕ですが、かなーり昔はその問題が何かすら発見することができない(=何が「わからない」のかがわからないw)輩でありました(汗

でもこれまで、良かったこと悪かったこと両面で沢山の経験をさせてもらい、色んな壁にぶち当たり、悩んで考えて根拠のない答えを導き、それを信じて突き進み、たまにうまくいき、ほとんど失敗に終わるw そんなことを何年も何年も繰り返してきたのですが、それは決して無駄ではなく、ちゃんと自分の中に血肉となって蓄積されているなーと感じた2013年末。

「人間は自分がインプットした知識以上のひらめきやアクションは出来ない」と言われたことがありますが、ほんとそうだなーと。今でも未体験のことはドキドキもするし、ワクワクもする。そのバランスを保ち続けることができたからこそ、足を止めずに沢山のインプットができ、今の“発見力”につながったのではないかと感じています。

 

“問題があれば解決方法が必ずある”と、パートナーエンジニアと話していると良く使うキーワード。人生そんなに甘くないことは、この数年ですげー分かったwので、これからも一筋縄にはいかないだろうけど、挑戦は止めず2014年もたとえ五里霧中な状況でも、思いっきり突っ込んでいきたいと思います!

広告
カテゴリー:Life, Skill, Work タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. 2013年12月31日 11:43 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。