ホーム > Facebook, Service, Social Web, Work > 新規事業・制度アイデアの真剣勝負 360°会議〜サブロク〜 / @yzw036 の 036゛

新規事業・制度アイデアの真剣勝負 360°会議〜サブロク〜 / @yzw036 の 036゛

先日、箱根の某ホテルにVOYAGE GROUPの役員8人がそれぞれ社内クルー3名を率いて集結。VOYAGE GROUPの新規事業、または社内制度アイデアを生み出しぶつけ合う「事業を促進させる真剣勝負」が開催されました。その名も「360°会議(通称:サブロク会議)」そこで、僕もチームメンバーとして参戦してきました。

担当役員制で、他の事業に関わることが多くなかった僕にとって、普段それほどコミュニケーションを取る機会がいなかった役員・クルーと一緒にアイデアをまとめてきた時間は、それだけでもとてもいい機会でした。

最後の1週間は自分の事業も繁忙期な中、毎日終電か深夜バスというフルコミットな状況で踏ん張りました。(引っ越したくなったw)

 

結果は

「1位(2チーム同点)」!

 

プレゼンの前日は箱根のホテルに前乗りし、ネット環境が不安定な中、結局朝の6〜7時まで眠い目をこすってまとめました。学生と一緒に新規事業を考えてプレゼンをするVOYAGE GROUP自慢のインターン「Frontier」を思い出すほど。

 

参加させてもらって思ったことは、まだまだ事業を創る上で視野が狭いなということ。

今の自分の専門領域は「ソーシャルメディア」、特に「Facebook」の知識に関してはそれなりな自信があるのですが、逆にそれが足をひっぱるというか、今まで自分の考え中心でサービスなども創っていたこともあり、自分の視野外の活用方法など見えてなかったことが多々あったと気付かされました。

前日の夜、プレゼン内容をまとめてチームのみんなに意見を聞いたとき「それは矢澤くんの事業戦略でしかない。やればいいじゃん。って話になる。」とフィードバックをもらって、あー・・自分目線でしか考えられてなかったと。その時点で多分夜中の0時を回っていたかと思いますが、話をまとめて役員のSさん直々にパワーポイント資料の作成。最後に僕の言葉を乗せて完成。間もなく朝7時って感じだったかと。(ちなみに、2案目はまだまとめていた最中でしたw)

そんな時間を経て、もっともっと柔軟な考え方と、新しいビジネスを考える上で広い事業視点が必要だなと痛感しました。こう考えるとVOYAGE GROUPの担当役員制は新しいビジネスがどんどん出てくる中、自分の得意分野以外の知識を入れていかなければならないから、かなり難易度高いよなー。

 

あと、サブロクに参加してもうひとつ思ったこと。それは目的が徹底した「決定の場」であり、全チームのアイデア16案のプレゼンが終了した後、本当にやるか・やらないかを1時間かからずに判断したスピード。

その「決定の場」であるということが前提だったので、各プレゼンの最後には体制(誰がやるか)がセットでした。なので、プレゼンの質疑応答や決定の場でも「これって●●さん現状を考えて動けるの?」という感じ。

また、高得点をとったアイデアでも「数カ月内にできないなら意味ない」という判断でやらないという判断をするなどバッサリ。このスピード感、スゴイ。

 

実際のフィードバックはサブロク会議後、そのまま役員合宿に入ったので、明日の朝?に全社フィードバックがあるそうなので今から楽しみです。僕の事業でも決定事項があったので、早速今週から動き出します。

さー!やったろう\(^o^)

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. 2013年11月24日 11:45 午後

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。