ホーム > Life, Work > イントレプレナーとしての心構え / @yzw036 の 036゛

イントレプレナーとしての心構え / @yzw036 の 036゛


Dangerous Risk Adrenaline Suicide by Fear of Falling
 
 
起業家の方は本当にスゴイ。
 
 
万が一、失敗したらメシも

食べられなくなるかもしれない。
 
家族を養えなくなるかもしれない。
 
倒産・破産するかもしれない。
 
 
いろんなリスクを背負い、飲みこみ、

目的実現のために飛び込んでいく。
 
 
スタートアップの起業家は資本金内で、

どう経営を進めていくか。
 
 
その資本金がいつ無くなるか、すなわち、

いつ会社が「倒産」するのか明確に期日を

切られたプレッシャーの中で生きている。
 
 
本当にスゴイ。 
 
 
 
僕も事業を任せてもらっているけど、

自分の身銭を切っているわけではなく、

給料も毎月もらえる。
 
 
事業計画書もつくるし、予算計画も立てるけど、

自分で投資家の方などにプレゼンして集めてた

お金でもない。
 
 
そして、独りではなく周りには沢山の仲間がいる。

声をかければみんな丁寧に教えてくれる。
 
 
起業家=アントレプレナーと比べると、

会社内の一事業の事業責任者、すなわち、

「イントレプレナー」なわけです。
 
 
 
初めて自分で事業を立ち上げた2年前時、

計画通りの結果が出ず、とても苦しい

時期がありました。
 
 
自分で起業していたとしたら、資本金も

どんどん食いつぶされ、従業員を雇って

いれば給料を払うことさえ危うくなり、
 
 
「世界を変える」というビジョンを見失い、

明日どう生きるか?と足元のことばかり

考えることになってしまっていたことだろう

と思います。
 
 
 
でもこれは自分で起業するのであれば、

当たり前のように起こること。
 
 
この「リスク」に飛び込むからこそ、

大きなリターンも望めるかもしれませんし、

ビジョンも叶えることもできるのだろうと。
 
 

でも、当たり前ですが「イントレプレナー」

だからと言って、この緊張感を欠いてはいけない。
 
 
2年前にしても、今の事業にしてもですが、

宇佐美さんに「自分で起業したと思え」と

言葉をいただきました。
 
 
 
こういった環境を与えてもらえたからこそ

自分独りでは出来なかっただろうことにも、

チャレンジすることができる。
 
 
自分独りでは考えつかなかったことも、

共に発想しあえる仲間がいる。
 
 
 
環境に甘んじず、適度な緊張感はもちつつも、

今の環境をフルに活用し、世界を変えるような、

利用者の生活を便利に、豊かにすることができる

「アッ!」と声を上げるサービスを世に生んで、

会社にもしっかりと結果を残していきます!
 
 
 
褌を締め直していこう!

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。