ホーム > Health, Home, Life, Work > 「BRUNO 700C TOUR」を買いました / @yzw036 の 036゛

「BRUNO 700C TOUR」を買いました / @yzw036 の 036゛


 
悩みに悩んだ結果、ついに買いました!
 
 
「BRUNO 700C TOUR」
 
 
最初はルイガノのクロスバイクを買う予定でしたが、

実は買うチャリを80%決めてたのですが、、、

もう1件行こうと、最後に訪れた店で出会いました。
 
 
まず細いボディシルエットと、このシャンパンゴールドに

「うわっ」っとなり、調べていたブランドでもなかったので、

まったくしらない「BRUNO」の文字でしたが、
 
 
「これ、いくらですか?」
 
 
と反射的に聞いていました。
 
 
 
実はこれ、そんなに高くなく7万円程度。

どちらかというと安い。
 
 
そんな安いのでいいのか?

エントリーバイクでも、ある程度の質は

担保しなきゃだめなのでは?

と思い、オーナーに話を聞いたところ、
 
 
「これはいいバイクですよ。育て甲斐がある。」
 
 
ほほう。と思いました。
 
 
ロードバイクは完成品を買ってから、

こだわる人はどんどんカスタムしていくとのこと。
 
 
最近の主流のフレームは軽さの「カーボン」らしく

今のところ一番高級なライン。最低でも20万円らしい。
 
 
で、次が「アルミ」。平均予算は10~15万円。
 
 
そして一番手ごろなのは僕のバイクの「クロモリ(鉄)」。
 
 
でも鉄のフレームは、鉄独特のしなりと反発があり、

カーボンにもアルミにもない乗り心地を醸し出すとのこと。
 
 
値段とすれば、カーボンやアルミのように軽量化の

技術を駆使していないので、手ごろな値段だけど、

パーツとしてこのフレームを見ると、これをベースに

カスタムしていく価値は十分にあるとのこと。
 
 
ロードバイクの中枢は妥協せず、その他のパーツは

なるべく安価に抑えて、まずは自分流を見つける、

まさにエントリーバイクに適したものだと。
 
 
この話を聞いていたら、自分の創っているサービスが

まさにそういう考えを基に組み立てていることもあり、

とても愛着が湧いてしまった。
 
 
どんなに高いスペックでも、ユーザーに合っていなきゃ

宝の持ち腐れになる。
 
 
そのユーザーが利用した上でのリアルなフィードバックを

反映させていくからこそ、いいサービス・プロダクトになる。
 
 
まさに「リーンスタートアップ」的な思想が含まれている

このロードバイクに心底惚れ込んでしまったのですw
 
 
 ※宗像さん、龍馬君、Blogリンク貼らせてもらいました!
 
 
 
ということで、普段は提示価格では絶対に買わない僕も

一目惚れの勢いのまま、値段もろくに聞かず購入を決めました。
 
 
プロダクトの中枢は価値あるものとのお墨付きをいただいたので、

スモールスタートでとりあえず使い込んで、自分色のプロダクトを

創るべく乗り込んでいこうと思います!
 
 
 
・・・と、
 
 
予約配信記事を昨晩書いていたのですが、

早速、今朝走ってきました!

自宅から吉祥寺までの往復20キロ!


 
 
思っていたより快適な乗り心地!
 
天気も良くて超気持ち良かった☆

広告
  1. たけちゃん
    2012年5月7日 11:03 AM

    これ、安いけれど良いバイクだと思う。
    そのままでも、けっこうオシャレ。カスタムすれば、なおさら。
    旅自転車にはもってこいではないかな。
    友だちが吉祥寺のベロクラフトでホワイトを買いました。

  1. 2011年5月22日 2:31 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中